加古川市別府 たかはし整骨院-肩こり・腰痛・捻挫、打撲、骨折、脱臼、スポーツ障害、骨盤矯正などご相談ください。

子宝整体

子宝整体について

東播地区で唯一の日本妊活協会会員、不妊症専門整骨院の高橋秀紀と申します。

このホームページを真剣に読んでいるあなたは元気な赤ちゃんを授かりたいと真剣に願っている人だと思います。
しかし、現実として赤ちゃんを授かることが出来ずに病院での不妊治療を考えている、または今現在不妊治療をおこなっているのではないでしょうか?

そんなあなたは心の中でこう思っているはずです。

『出来ることなら不妊治療などはおこなわず、健康な体になって自然に妊娠したい』と。

あなたのそのお気持ちはとても良く分かります。

私は開業する時に、「子育て応援整骨院」と名乗り、子育てをしているお母さんを応援したいと考えて開業しました。

そして5年がたち、子育ての前に子どもを授かることが必要で、現在それができなくて困っている人がたくさんいることに気づきました。

子どもを授かるところから応援してこそ、そこから産前、妊娠中、産後、育児、その子供達の将来に関わる~それこそが私が思う整骨院という仕事ではないかと思い、日本妊活協会のセミナーを受講しました。

そのセミナーで、妊娠時の母体の状態が赤ちゃんにかなりの影響を及ぼしていることや、多くの不妊症に悩む女性は病院での不妊治療によって報われていないことや、自分が考えていた以上に精神的にも肉体的にもストレスを感じ、しかも家族や友人にも相談できずに一人で苦しんでいることに大変ショックを受けました。

そして、日本は体外受精の件数が世界トップにもかかわらず、成功率がかなり低い事を知りました。

同時に、日本以外の国では体外受精以外の治療が積極的に取り入れられ、健康面や精神面からサポートするのが当たり前です。

逆に、日本の不妊治療の現場では健康面への配慮が全くなされていないことなどを学び、さらに「今、私にできることをしないとダメだ」と考えました。

そして、健康な赤ちゃんが産まれて来る為にはまずは母体、つまりお母さんの健康がとても大切だと感じました。

そして、これから妊娠をして健康な赤ちゃんが産みたいと願う不妊症の女性の為の治療を開始するのです。

私はどうにかして不妊症に悩んでいる女性の第一選択に『まずは母体である母親が健康になり、そして健康な赤ちゃんを産んで頂く』という当会の会長が言われた、当たり前の考え方を広げて行きたいと本気で思っています。

もちろん、私も、妊活協会も、病院での不妊治療を全て否定することはありません。
実際に妊娠をして健康な赤ちゃんを授かっている人もたくさんいます。

ですが、今後は母体である母親の健康を第一選択として病院と私の様な不妊症専門のセラピストがより協力し合えば救われる女性は今以上に増えていくと確信しています。

現在、不妊症に悩む方に向き合うセラピストは日本では本当に数少ない状態ですが、健康で元気な赤ちゃんを出産したいと本気で思っているあなたの為に私はあなたを全力でサポートすることをお約束いたします。

『今後の妊娠に少しでも不安がある』

不妊症にお悩みなら今すぐ「たかはし整骨院」にご相談下さい。

<まだ子どもさんが10代のお父さん、お母さんへ>

私は、今現在不妊治療をしている方ももちろんサポートしたいのですが、まだ妊活など先の話だと考えていると思う10代の女の子の身体を心配しています。
今の生活環境(食事、睡眠、姿勢、運動やスマホ・PCなど)で、子ども達の身体の健康は大丈夫だと思いますか?

生理痛、生理不順、冷え、便秘や子宮筋腫、子宮内膜症などなど、婦人科の疾患は将来的な不妊の原因にもなります。
最近では、小学生の修学旅行にピルを持っていかせる親も多いと聞きます。
なんとなく体に良くないんだろうと思いながらも薬以外にどうしていいのかわからないんだと思います。

しかしピルも長期に服用すると、妊娠しずらくなることもあるようです。

当院の子宝整体は痛くも痒くもない施術ですが、思ったより簡単に生理痛なども楽になります。
それにまだ不妊だ、と焦らなくていい今のうちに、身体のケアをしておくのが大事だと思っております。

是非一度説明だけでも受けてみてください。

ページのトップへ